マーケティングPR会社スクランブルとYouTuber支援を行う動画プランニング・アプリ開発会社クリエイターニンジャが業務提携。

スクランブルが提供する動画PRプラットフォーム「MEGAPHONE」が、クリエイターニンジャの提供するYouTuber支援アプリ「TUBERS」のデータベースをもとにした、キャスティング機能によりサービスが拡充。

日本のPR業界最大手の株式会社サニーサイドアップのグループ会社でPRを中心としたマーケティングコミュニケーション事業、動画コンテンツプロデュース・制作事業などを手がける、株式会社スクランブル(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:小林伸也 以下スクランブル)と、動画クリエイター支援事業を展開し、動画プランニングやアプリケーションの開発を行うクリエイターニンジャ株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:梅澤亮 以下クリエイターニンジャ)が、動画マーケティング領域における業務提携契約を締結しましたことをお知らせいたします。

両社の業務提携により、クリエイターニンジャが開発したYouTuber専用支援アプリ「TUBERS」のデータベースをもとにしたマイクロYouTuberのキャスティングサービスおよびPR動画サービスの提供を開始いたします。「TUBERS」はクリエイターニンジャが開発し2017年にサービス提供を開始したYouTuber専用の支援アプリで、YouTuberの活動支援となるチャンネル比較や動画分析機能を備えた「クリニン」のフルリニューアルサービスとなります。「TUBERS」は、国内全YouTuberのチャンネルデータをデイリーでチェックし、独自のデータベース化を行っています。その為、費用対効果の高いマイクロYouTuberをデータより選出しキャスティングすることが可能になっています。また、事務所機能を持たないため、中立な立場でクリエイターの選定を行いキャスティングすることが可能です。

マイクロYouTuberは、1万から10万人までのチャンネル登録者数を有するYouTuberが該当します。国内の1万人以上のチャンネル登録者を有するYouTubeチャンネルの中で約83%がこのカテゴリに該当します。マイクロYouTuberは多岐にわたる専門性の高いジャンルが多く存在しており、適切な人選を行うことでエンゲージメント率の高いYouTuberの起用が可能で高い費用対効果が見込めます。

また、「TUBERS」とスクランブルが提供する動画PRプラットフォーム「MEGAPHONE」との連動により、YouTuber自身のチャンネル上での商品・サービス紹介だけでなく、YouTuberが制作した動画をWEB CMとして活用し、スマートフォン向け動画広告ネットワークへの配信を行うことがワンストップで提供可能です。

昨今、YouTuberの影響力や存在感に着目し、大手企業のイメージキャラクターや、CMキャラクターに起用される機会が多くなってきている中、「TUBERS」と「MEGAPHONE」の連動により、独自データベースをもとにした、次世代のYouTuberの発掘と起用が可能となり、YouTubeチャンネルの枠を超えた、YouTuber起点の横断的な動画デジタル配信の提供が可能となっております。

■株式会社スクランブル

PR会社サニーサイドアップグループの新コミュニケーションサービスブランド。スピードを武器に、世の中に更なる「たのしいさわぎ」を仕掛けていきます。http://www.scramble.jp/

■クリエイターニンジャ株式会社

マイクロYouTuberに特化したクリエイター支援及び動画マーケティング支援を行なっております。

■マイクロYouTuberネットワーク「TUBERS」

「TUBERS」は企業タイアップを探したり、YouTubeチャンネルの分析ができるマイクロエンサー支援アプリです。

国内YouTubeチャンネルのランキング2種(チャンネル登録者数・総視聴回数)の確認、伸びている動画やチャンネル・SNSトレンドなどの情報の確認、自身のチャンネルの平均再生数、平均視聴時間、平均コメント数、性別や年齢といった視聴者属性をチェックすることが可能です。また、企業タイアップ案件へのエントリーやスカウト機能も今後アップデートにより対応を予定。

「Tubers」はデイリーで国内全YouTubeチャンネルを確認し独自のデータベース化を行っています。このデータベースを活用することで、商品やサービスに合致した適切なYouTuberの選出や、エンゲージメントの高いYouTuberの選出が可能となっており、良質なマイクロインフルエンサーのマッチングが可能となっています。

<マイクロYouTuberとは>

<マイクロYouTuberの強み①>

<マイクロYouTuberの強み②>

<キャスティング方法>

■動画PRプラットフォーム「MEGAPHONE」

スマートフォン向けPR動画コンテンツを、制作から配信までワンストップで提供 PR動画配信サービス「MEGAPHONE」。

PRのニュースコンテンツ創出力・拡散力とデジタルADの確実なデリバリー力を掛け合わせて広範囲かつ効果的にターゲットまでしっかり届ける、 PRとデジタルADの利点を組み合わせて動画を広範囲かつ効果的にターゲットまで確実に届ける動画PRプラットフォーム。

https://megaphone.biz/

クリエイターニンジャ会社概要

会社名: クリエイターニンジャ株式会社

事業内容: プラットフォーム及びツールの開発・提供

代表取締役: 梅澤 亮

取締役: 衛藤 バタラ(イーストベンチャーズ株式会社 代表取締役)本田 謙(株式会社フリークアウト・ホールディングス 代表取締役Global CEO)

資本金: 7,974万円

株主: 株式会社フォースリー 株式会社フリークアウト・ホールディングス(東証マザーズ:6094)株式会社Liver Bank(株式会社ベクトルの子会社、東証一部:6058) イーストベンチャーズ株式会社

設立: 2016年12月

その他

ライバーマネジメント・インフルエンサーマーケティング事業を展開するLiver Bankとクリエイターニンジャが資本業務提携を締結
プレスリリース
·
2021/5/31
ライバーマネジメント・インフルエンサーマーケティング事業を展開するLiver Bankとクリエイターニンジャが資本業務提携を締結
YouTubeクリエイター支援事業を展開し、YouTuberに特化した国内最大級データベースプラットフォーム及びツールの開発・提供を行うクリエイターニンジャ株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:梅澤亮、以下クリエイターニンジャ)は、株式会社ベクトル(本社:東京都港区、代表取締役:長谷川創、東証一部:6058、以下ベクトル)の子会社で、ライバーマネジメント事業、インフルエンサーマーケティング事業等を展開する株式会社Liver Bank(本社:東京都港区、代表取締役:秋保潤、以下Liver Bank)と資本業務提携を行いました。 Liver Bankは、ライブコマースの企画・運営から、インフルエンサーマーケティングにおけるエンゲージメント向上ノウハウやプロデュースノウハウの構築、育成型のライバーマネジメント事業まで、企業のコミュニケーションプランの最適化とクリエイターの更なる成長をサポートし続けてきた会社です。 企業のマーケティングにおけるYouTubeの新しく且つ有効な活用方法と、クリエイターの継続的成長につながるマネタイズの仕組みを両立させていくことを目指し、この度の提携に至りました。 今後は、Liver Bankが持つ様々なマーケティングノウハウとクリエイターニンジャが提供するTUBERSのデータ分析に基づき、より効果的なYouTubeマーケティングの実現を支援していくほか、TUBERS上でのキャスティング機能の拡充に向けて取り組んでまいります。 さらに、クリエイターに対しては、プラットフォームの多様化やプロジェクトに関わるメンバーの増加によって煩雑になる収益管理を改善するサービスや、クリエイター同士のマネタイズによる成長支援を行うサービスを今後共同で開発していき、更なる事業拡大を目指します。 クリエイターニンジャでは、国内のYouTube約24万チャンネル、 およそ5,500万ビデオ※から日々のデータを収集、独自データベースに基づく解析を行なっています。*2021年3月時点 広告主や代理店、YouTuber事務所向けに提供する「TUBERSダッシュボード」は、登録者数の変動や再生数の変動だけでなく、YouTube上だけでは把握できないエンゲージメント率や評価率、オーディエンスデータに基づく想定デモグラフィック属性(性別や年齢18〜24歳、25〜44歳、45歳以上)などを確認できます。 さらに、TUBERSダッシュボードには、複数のチャンネル・動画の動向をまとめて閲覧できるリスト機能や自身のチャンネルと近しいチャンネルを教えてくれるライバル機能、チャンネルのアナリティクスを表示する比較機能、製品や広告主ごとに動画を確認できるタイアップ機能、頻繁に使われているタグの検索機能などが実装されています。 また、2021年4月からは、YouTubeライブ配信を分析できるβ版「ライブストリーム機能」をローンチしました。これらの機能により様々な視点からチャンネル/動画のデータを確認することで、 より高度なトレンド情報を把握することが可能なだけでなく、データレポートもグラフやCSVで簡単に出力でき、ノウハウの蓄積にも活用いただけます。 TUBERS ダッシュボード: https://tubers.app/business *ご利用にはお申し込みが必要となります ■株式会社Liver Bank 会社概要 会社名:株式会社Liver Bank 事業内容:ライバーマネジメント事業、インフルエンサーマーケティング事業、ライバースクール事業、ファンコミュニティシステム事業 代表取締役:秋保 潤 資本金:40百万円(2020年12月現在) 設立:2020年12月 URL:http://liverbank.co.jp
YouTube分析ツール「TUBERS ダッシュボード」がライブ配信分析に対応 β版を4月28日より提供開始
プレスリリース
·
2021/4/28
YouTube分析ツール「TUBERS ダッシュボード」がライブ配信分析に対応 β版を4月28日より提供開始
YouTubeクリエイター支援事業を展開し、YouTuberに特化したデータベース国内最大級プラットフォーム及びツールの開発・提供を行うクリエイターニンジャ株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:梅澤亮、以下クリエイターニンジャ)は、YouTubeライブ配信を分析できるβ版「ライブストリーム機能」を、広告主や代理店、YouTuber事務所向けに提供する「TUBERS ダッシュボード」にて公開しました。 TUBERS Dashboard Live Stream ライブリーム機能では、YouTube上でライブ配信されている動画の同時視聴者や再生回数、エンゲージメント率などをリアルタイムで確認できます。さらに、これらのデータは5分ごとに記録されているので、最も視聴者数が伸びる時間帯を確認したり、エンゲージメントの高いトピックを調べたりといった分析にもご活用いただけます。  また、YouTuberがライブ配信をアーカイブした場合には、過去のライブ配信の様子がダッシュボードから確認できます。 TUBERS ダッシュボードについて TUBERS Dashboard クリエイターニンジャでは、国内のYouTube約24万チャンネル、 およそ5,500万ビデオ※から日々のデータを収集、独自データベースに基づく解析を行なっています。※2021年3月時点 広告主や代理店、YouTuber事務所向けに提供する「TUBERS ダッシュボード」は、登録者数の変動や再生数の変動だけでなく、YouTube上だけでは把握できないエンゲージメント率や評価率、オーディエンスデータに基づく想定デモグラフィック属性(性別や年齢)などを確認できます。 さらに、複数のチャンネル・動画の動向をまとめて閲覧できるリスト機能や自身のチャンネルと近しいチャンネルを教えてくれるライバル機能、チャンネルのアナリティクスを表示する比較機能、製品や広告主ごとに動画を確認できるタイアップ機能、また頻繁に使われているタグの検索機能などが実装されています。 これらの機能により様々な視点からチャンネル/動画のデータを確認することで、 より高度なトレンド情報を把握することが可能になるだけでなく、クライアントへのレポートもグラフやCSVで簡単に出力できます。 TUBERSダッシュボード: https://tubers.app/business ※ご利用にはお申し込みが必要となります
YouTube分析ツール「TUBERS ダッシュボード」でデモグラフィック属性を元にしたデータベース検索機能がローンチ!
プレスリリース
·
2021/2/24
YouTube分析ツール「TUBERS ダッシュボード」でデモグラフィック属性を元にしたデータベース検索機能がローンチ!
YouTubeクリエイター支援事業を展開し、YouTuberに特化したデータベース国内最大級プラットフォーム及びツールの開発・提供を行うクリエイターニンジャ株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:梅澤亮、以下クリエイターニンジャ)は、本日より、企業・広告主向けのYouTube分析ツール「TUBERS ダッシュボード」に、オーディエンス(YouTube視聴者)のデモグラフィック属性を元にフィルターをかけチャンネルや動画を検索できる新機能をリリースします。 「TUBERS ダッシュボード」は登録者数や再生回数の推移、動画のエンゲージメントのほか、企業タイアップ案件を商品・広告主別に確認できる機能などが実装された企業・広告主向けのYouTube分析ツールです。17万を超えるYouTubeチャンネル及び4,000万動画を網羅し、国内最大級のデータベースを保有しています。 これまで、独自のアルゴリズムが提供する分析機能で各チャンネルのオーディエンス想定デモグラフィック属性を公開していましたが、今回の新機能により、更に細かな条件でチャンネルや動画の絞り込み検索ができるようになりました。 本機能はクリエイターニンジャがYouTubeクリエイター向けのマーケット全体を盛り上げるためのプロダクトを追求する中で、「TUBERSダッシュボード」導入済みのサムライト株式会社の要望に応える形で開発・リリースが実現したものです。クライアントのニーズに合わせて細かいカスタマイズやサービスのチューニングを行うことが出来るのが「TUBERS ダッシュボード」の強みです。これからもクリエイターニンジャは日々サービス向上のため、開発を進めてまいります。 TUBERS導入企業様の機能要望を踏まえたプロダクト開発 企業のコンテンツマーケティング支援の一環としてYouTube運用のサポートを行うサムライト株式会社の「オーディエンスデータを見るだけでなく、更なる分析に活用したい」という機能要望を実現化するにあたり、プロトタイプのテストを複数回実施し、フィードバックに基づいて更なる機能改善を行いました。 要望に基づいた今回の新機能により、ターゲットオーディエンスが見ていると想定されるチャンネルの要素を踏まえたチャンネルの設計や企画考案での応用が可能になりました。 左からサムライト株式会社 YouTube Lab. リーダー 菅野審也さま、クリエイターニンジャ代表取締役社長(CEO) 梅澤亮、最高技術責任者(CTO)Aldo Vega 【サムライト株式会社 YouTube Lab. リーダー 菅野審也様 ユーザーインタビュー】 最近のタレント・芸能人の多数参入もあり、YouTubeで見つけてもらう、視聴してもらうこと自体がより難しくなっているため、生活者の知りたい情報・ニーズにいかに応えるかがますます重要になっています。 特に企業チャンネルの場合、企業からの一方的なメッセージ発信とならないように、視聴者が知りたい情報と、企業が伝えたい情報を上手く掛け合わせる必要があります。そのため、デモグラフィック属性を活用した検索が充実すれば、ターゲット層が何を視聴していて、どんな傾向があるのか把握しやすくなると思い、クリエイターニンジャ様に検討をお願いしました。 今回実装された新機能を活用することにより、従来の「TUBERSダッシュポード」に備わっていた検索機能でチャンネルを探す方法と比べ、チャンネル設計や企画に活かせるより多くの発見が得られることを期待しています。 例えば、類似チャンネルに限らず、異なるジャンルの類似ターゲット層向けのチャンネルがどのようなものなのかを把握しやすくなりますし、そこから更にチャンネルや動画の詳細な分析を行えば、より幅広い情報をもとに、さらに精度の高いチャンネル設計や企画・構成の策定が可能になるのではないかと考えています。 今後もTUBERSを活用して随時YouTube内で見られる傾向やトレンドを先読みし、お客様のYouTube運用支援などに役立てていきたいと考えています。 TUBERSダッシュボードについて クリエイターニンジャでは、YouTube約17万チャンネル、 およそ4,000万ビデオ*から日々のデータを収集、独自データベースに基づく解析を行なっています。*2021年2月時点 新機能では、従来の検索機能にオーディエンスデータに基づく想定デモグラフィック属性(性別や年齢18〜24歳、25〜44歳、45歳以上)のパーセンテージを指定してフィルターをかけることができ、オーディエンスを起点に目的のチャンネルや動画を探し出すことができます。 TUBERS ダッシュボード: https://tubers.app/business *ご利用にはお申し込みが必要となります