やりたいことが3ヶ月で実現できる! スピード感をもって挑戦できる会社 〜新規事業担当:石岡俊一編〜

自らの興味を発端に、会社でVtuberを産み育てる

− この会社でどんなことをやっていますか? 

セールスマネージャーとして参画しましたが、事業戦略立案、プロダクト開発、スタッフマネジメント、顧客開発など、「なんでも屋」として事業全般に関わっています。

今は自ら新規事業として提案したコンテンツ事業であるVtuber制作に力を入れています。技術者、声優、アニメーターほかチームメンバーと一緒に、キャラクターを作りローンチに向けて試行錯誤しているところです。

2016年11月にキズナアイさんが活動を開始してから、2017年末に火がつき、今では1000体を超えるキャラがいると言われる「Vtuber」ですが、僕自身が当初から単純に好きで、コンテンツとして面白いなと思っていました。

同時に、大きな可能性も感じたんです。これまでは自分でつくったキャラがアニメ化するとか世間に知られるハードルは高かったですが、YouTubeを舞台にすることで、そのハードルが一気に下がった。自分がつくったキャラをYouTubeを通じて多くの人に届けることができ、話題になれば、アニメ化されたり商品化されたり、テレビや現実の世界に飛び出すこともできる。

経験はないですが、コンテンツの立ち上げをVtuberでやってみたいとその時思い、昨年末に社長に新規事業として提案し、ローンチを控えた現在に至ります。

プラットフォーム事業に関しても、クリエイターと広告主をデータベースでマッチングするための営業もしています。広告営業をしていた時に、キャスティングがアナログなことに違和感を持っていました。これだけネット広告は進化しているのに、なぜ誰を起用するかについては、担当者やクライアントの人脈や感覚で決まっていくんだろう、と。データベースを整えて、適切なマッチングができれば、クリエイターにとってもクライアントにとっても利益を生むことができるはずです。

すでに同じ領域で展開されている他社さんのサービスがあるので、差別化できるようなアプリを開発しています。、そこにはクリエイターの成長を助ける分析や広告主とのマッチングができるツールを入れようとしています。わざわざPCを開かなくても、スマホで完結できる時代、アプリで集約できることが肝だと思っています。クリエイターが気軽に使えて、究極に便利なアプリをつくれるよう、アイデアを出し合って形にしていきます。

防衛大を中退、キャバクラのボーイ・店長、広告代理店を経て

− これまでのキャリアについて教えてください。

生まれは北海道の札幌で、浪人して独学で勉強し、防衛大に入学しました。もともとは地元の教育大に行くつもりだったんですが、陸上自衛官だった親父に勧められて受けてみたら受かったので行くことにしました。

そこから地獄のような日々が始まりましたね。朝6時半にラッパが鳴り、上半身裸で外へ出て点呼を取って、掃除をして、終わったら制服に着替え、8時に国家掲揚に敬礼をして。昼間は授業を受けて、部活をして、風呂に入りご飯を食べて、先輩にしごかれて……。2年に進級する時に、陸・海・空に割り振られ一生が決まるわけですが、希望していた航空自衛隊は見事に落ちて、陸上自衛隊へ。親父をみていて陸上自衛官にはなりたくないと思っていたので、悩んで親とも相談した結果、辞めて普通の人生に戻ることにしました。

19歳で地元に戻って、大学を受けなおそうと思っていたんですが、家庭の事情で働かざるを得ない状態になり、バーテンダーとして働き始めました。1年経って無一文で東京に出てきて、住み込みでできる仕事を探し、キャバクラのボーイとして働き、途中から店長をやっていました。22歳の頃転職して、リクルートの代理店で求人営業を4年間やって、その後、アドウェイズというネット広告の代理店で働きました。アドウェイズではプランナーとして、企画をつくり広告主に提案をしていました。

個人の発信力が高まり、ウェブ広告のマーケット自体が変化するなかで、新しいことにチャレンジしたいと思っていました。

作る側も、受け取る側もハッピーになれる事業展開で業界を盛り上げたい!

− この会社で実現したいことは?

コンテンツ事業に関しては、これからローンチするVtuberを育て、自分も含め一緒につくる人も、コンテンツを受け取る人もハッピーになれるものにしたいと思っています。作る側はわくわくしながら楽しくつくって、受け取る側も今日は嫌なことがあったけど、動画を見たら元気になって明日からがんばろうと思えるとか、楽しめる。そういうことに一番のやりがいを感じるので。

ひとつのキャラが上手く育てば、いずれは子ども向けのキャラも作ってみたいです。今は女の子をモチーフにしたものが圧倒的に多くて人気だけど、レンジャーものとか。

Vtuberは追っかけができるアニメキャラだと思っていて、まさにアニメキャラとアイドルの中間2.5次元の存在だと思うんです。テレビで週1回ワンクールしか放送されないアニメはその後新しい動きや展開は第二期が来ない限りは見られないけど、Vtuberならいつでも見られるし常に更新され、生放送だってある。エンターテインメントの次のステップがここにあると思っています。

もっと色んなVtuberが生まれて、層が広がり質も上がっていけば、新しいエンタメ領域が確立されるので、その一員として盛り上げていきたい。企業として取り組めば、個人でやるよりリソースを割くことができ、クオリティを高めることができます。いずれはキャラごとにチームをつくって、育てていけたら面白そうだと思っています。

プラットフォーム事業においては、YouTubeで活動するためには必要不可欠となるようなアプリをつくりたいと思っています。今もアプリを無償で提供していていますが、まだ機能が少ないので大きな改修を入れている段階です。クリエイターのために、不便に思っていることを聞き出したりしながら開発を進めて、今伸び悩んでいる人やこれから始める人たちをサポートできるようにしたい。現在はデータがベースですが、コンテンツ事業でノウハウがたまれば、いずれコンサルもできると思っています。

どちらの事業を通じても、YouTuber自体の数が増えて、全体の質が上がるところに貢献したいです。

− どんな人と一緒に働きたいですか?

自主性をもって楽しめる人。僕は働くうえで一番大事なのは、楽しめるかどうかだと思っています。楽か楽じゃないかではなく、楽しめるかどうか。楽しい仕事もつらいことはあります。いいアウトプットを出すために、僕たちの事業に興味を持って楽しんでやっていける人と一緒に働きたいです。

この会社の魅力はなんと言ってもスピード感を持って、やりたいことが実現できるところ。Vtuberの新規事業も昨年末の飲みの場で社長に提案してすぐに動き出し、3ヶ月程でかたちになりつつあります。社内は風通しもよく、新しいことにチャレンジしやすい環境があります。毎日ミーティングもしているので、そこで協力を仰いだりすり合わせることもできます。受け身ではなく、自主的に勝手に動ける人は向いていると思います。

YouTubeが好きで、クリエイターのために一緒にキャラやアプリを作り育てていきたい、という人、お待ちしています!